卒論の書き方

卒論の書き方

卒論をいざ書こうと思ってもどんなテーマにしたら良いか分からないという人もたくさんいます。卒論は2万文字くらい書かなければいけないので、書くのにすごく時間がかかります。そのため、スケジュールを考えて前もって準備をしなければ提出日に間に合 ...

卒論の書き方

卒論の書き方

1.文字数を増やす工夫(序論編)

序論で、文字数を増やす工夫の一つは、研究背景、研究目的等を簡潔に書くのではなく、研究を行なっているということは、同様の他の大学や研究機関でも行っていることが多いでしょう。それはなぜその研究を行なっている ...

卒論の書き方

卒論の書き方

卒論を書いていくときには全体の構成というものが大切になります。
その中で「はじめに」に該当する部分というのは、いわゆる序論にあたり、本文(本論)ほどの重要度ではないものの、論文を読む人間にとっての理解度を高めるために必要と言え ...

卒論の書き方

卒論の書き方

卒論を書いたけど、落ちた・・・そんな経験がある人もいます。卒論は書けばいいというわけではなく、内容がしっかりとしていなければいけません。では、卒論をせっかく書いたのに落ちた、そんなことにならないようにどうしたらいいのか紹介します。

卒論の書き方

卒論の書き方

卒論というのは、大学4年生が卒業するにあたって書く、自分たちの4年間の勉強の集大成となる論文です。
したがって、これまで学んできた知識や経験を生かして、自分なりの課題とその解決策を示すという内容となっていますし、その内容面をし ...

卒論の書き方

卒論の書き方

論文の背景つまり「研究背景」について何を書けばいいという質問に対して、まず論文の背景とは何かを分からなければなりません。論文の背景とは「この研究はなぜ重要であるか?」という根拠です。一般的に「研究目的」や「研究内容」につながっていきま ...

卒論の書き方

卒論の書き方

1.卒論の結論で書くべきこと

卒論の結論で書くべきことは、①自分が言いたい事、②これまでになかった新しい知見・発見や、あるいはこれまでの知見・発見よりも進歩した点(技術的な事、歴史的に分からなかった事、これまでは難しかった検証を工夫で簡 ...

卒論の書き方

卒論の書き方

せっかく書いた卒論が再提出になった場合の悲劇は、最悪せっかく決まりかけていた進路が卒論のせいで取り消しになってしまうということです。
卒論は本来指導教員の指導のもと、執筆をするはずですし、卒論と口頭試問の前に中間発表もあるはず ...

卒論の書き方

卒論の書き方

大学を卒業するまでに至るプロセスにおいて卒論を提出して卒業できると考えている学生の方はとても多いと思われます。そんな方が知らなかったと驚く口頭試問への対策について紹介します。

口頭試問とは面接官が学生に対し卒業の際、卒論の ...

卒論の書き方

卒論の書き方

ネット上で検索していくと、「卒論代行サービス」というものがあることがわかります。

卒論代行サービスとは読んで字のごとく、卒論を代行してくれるサービスのことです。いわゆる、代筆ですね。

こういったサービスは種類が ...